更新情報

『☆はじめてママの応援団!』へようこそ!
◆初めての妊娠や出産はわからないことだらけですよね!どうしたらいいのか?いつ頃、何をそろえたらいいのか?など不安になることが多いと思います!
そこで、赤ちゃんの誕生までにやっておかなければならない事や、ベビーが誕生してからのメモリアルの行事などをご紹介してまいります!どうか、かわいい赤ちゃんが無事に誕生して、すくすくと成長してまいりますように、心よりお祈り申しあげます!


★ 今月のおすすめ ★
出産祝い特集【ベビーザらス】
パンパース特集【ベビーザらス】
花を贈るなら日比谷花壇へ
e87.com(千趣会イイハナ)
お誕生日に贈りたい誕生石シリーズ【日比谷花壇】
主婦の友ダイレクト オンラインショップ
白鳩/京都発インナーショップ
出産祝い・結婚祝いに感激のお祝い電報はいかが?




☆【初節句・端午の節句】男の子は端午の節句(5月5日)

◆お節句は、赤ちゃんの健やかな成長と厄除けを願う行事で、初節句は、子どもが生まれて初めて迎える節句のことで、女の子は桃の節句(3月3日)、男の子は端午の節句(5月5日)のことをいいます!

ただし、生まれてすぐなどの場合(生後1ヶ月以内)は翌年でもかまいませんし、生まれて数ヶ月の場合(2、3月生まれ)は翌年にされる場合も多いようです!

◆端午(たんご)は5月5日に、男子の健やかな成長を祝い、祈る日本の風習です!五節句の一つであり、端午の節句とも呼ばれます!
旧暦では午の月は5月にあたり、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、のちに5が重なるこの月の5日が端午の節句の日になったといわれます!

また、「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日のことだったそうです!後に、「午」は「五」に通じることから毎月5日となり、その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったともいわれています!

【一口メモ】鯉のぼりは、中国の「登竜門」の故事に由来しています!鯉は生命力が強く、黄河の上流の急な流れを鯉が登り切ると龍になるという伝説から、鯉は立身出世魚として言い伝えられました!鯉のぼりにつきものの吹流しの「五色」は中国の「陰陽五行説」にちなんだもので、魔除けの意味を込めています!





★ おすすめのサイトです! ★
主婦の友ダイレクト オンラインショップ
白鳩/京都発インナーショップ
出産祝い・結婚祝いに感激のお祝い電報はいかが?
出産祝い特集【ベビーザらス】
パンパース特集【ベビーザらス】
花を贈るなら日比谷花壇へ
e87.com(千趣会イイハナ)
お誕生日に贈りたい誕生石シリーズ【日比谷花壇】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。